【北九州市立大学】everiGo WEB系プログラマ・DX人材育成プログラム仮受付開始! NEW!

「everiGo」とは…

文部科学省「令和3年度DX等成長分野を中心とした就職・転職支援のためのリカレント教育推進事業」において、北九州市立大学の「everiGo(エブリゴー)」が採択されました。 全国で唯一の公立大学です。また、九州で唯一の採択校となります。 everiGoは、北九州市近郊でシステムエンジニアを目指すIT未経験の方向けの、WEB系システム開発プログラマ育成プログラムです。 この教育プログラムを受けるにあたり、ITに関する事前の知識・スキルはあまりなくても問題ありません。ただし、パソコンの基本操作(キーボード入力、インターネット、メール、アプリケーションのインストール・アンインストール、ファイルとフォルダの操作など)ができることが前提です。 プログラム内でITの基礎から、WEB、プログラミング、データベースについて学び、その中でIT業務に必要なリテラシー、システム環境、デバッグ、情報セキュリティなどの知識・スキルも身につけます。 プログラミング言語は、初心者でも取り扱い易く汎用性の高いJavaScriptと、WEBで最も使われているPHPを中心に学びます。

プログラム終盤では、グループワークでコミュニケーションを図りながらシステム開発を行うことで、ITに関する語彙の定着と実践力の強化を行い、さらに連携企業からオファーがあればインターンシップで企業のIT現場を体験することができます。 プログラムの受講生には、就活セミナー、キャリアカウンセリング、就職案内など、若者ワークプラザ北九州による手厚い就職支援があります。もちろん、ハローワークからの支援も同時に受けられます。 一定の資格を満たす方は、厚生労働省の職業訓練給付金を受け取ることができます。

開講期間

2022年9月上旬から2023年2月下旬(約6カ月間・毎月70時間程度)

対象者

・対象者:失業者、非正規雇用労働者
・対象年齢:20代〜30代(推奨)
・その他条件:ノートパソコンを保有していること(推奨)
この教育プログラムは、主に「現在職に就かれていない方々(失業者)」を対象としています。
※仕事に就かれている方(非正規雇用労働者)でも受講時間を確保できる方であれば受講することができます。
授業は平日の日中に行われます。推奨年齢外の方でも応募は可能です。
学習・演習で使用するノートパソコンは、ご自身でご用意いただくことを推奨しています。
※経済的理由などで用意することが難しい方には貸し出すことができます。

受講料

無料(インターンシップに参加される方は、2000円程度の保険料がかかる場合があります。)

応募期間

8月7日(日曜日)まで

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

北九州市立大学のホームページ>>>