【放送大学】 ステップアップセミナーの開催について
NEW!

福岡

リカレント教育(学び直し)

公開講座

開催日時 2024年7月7日 10時00分 ~ 15時00分
開催場所 放送大学福岡学習センター(春日市春日公園6-1 九州大学筑紫キャンパス内)
アクセス JR大野城駅から徒歩5分、西鉄白木原駅から徒歩10分
参加費 無料
定員 各50名(先着順)
主催者 放送大学福岡学習センター
お問い合わせ 電話:092-585-3033 メール:fukuoka-koen@ouj.ac.jp
特記事項 どなたでもご参加いただけます。
申込みは、電子メール・お電話のいずれかの方法で、
下記項目についてお知らせください。
1.参加希望セミナー名
2.申込者氏名
3.ふりがな
4.ご連絡先(電話)
5.申込者属性(放送大学学生・一般)
関連ファイル チラシ

内容

7月7日(日曜日)10:00から12:00
講演名:乳幼児の「他者」への気づき
講師:北九州市立大学文学部准教授 税田慶昭
概要:私たちは自然と人や生き物をその他の物体とは区別して認識しています。人らしさ、生き物らしさを感じとってしまうからと言えますが、乳幼児期の子どもたちも同様の認識を持っているのでしょうか。アニマシー、バイオロジカルモーションなどをキーワードに、子どもたちの他者認識について考えます。

7月7日(日曜日)13:00から15:00
講演名:九州の活断層と地震
講師:九州大学名誉教授 小山内 康人
概要:近年,日本各地で大規模な災害をともなう地震が頻発しており、九州でも活断層の活動にともなう2005年の福岡西方沖地震や2016年の熊本地震で、甚大な被害が発生しました。このセミナーでは、地震発生のメカニズムについてわかりやすく解説し、九州各地で確認されている活断層についても概観して、防災・減災意識の向上に役立てて欲しいと思います。起源の造語で20世紀の天才物理学者フォン・ノイマンが使い出したとされています。現在のシミュレーション科学の先端技術にComputed Fluid Dynamics(CFD);数値流体力学とMulti Agent Simulation(MAS)があります。この講演ではCFDとMASがどんな概念なのか、そして身近な環境を予測する最新研究の一端を分り易く紹介します。