令和四年度世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群公開講座(全6回)

福岡

オンライン学習

文化・芸術・スポーツ

公開講座

開催日時 2022年7月16日 13時30分 ~ 2023年2月18日 13時30分
開催場所 カメリアホール、 海の道むなかた館、アクロス福岡(各回ごとに異なります)
アクセス <車での目安時間> ・古賀インターより約20分 ・JR福間駅より約10分 <公共交通機関での目安時間> ・JR福間駅下車[快速利用の場合、博多から約25分、小倉から約45分] ・JR福間駅みやじ口(西口)より、西鉄バス(系統番号【5】宮司団地経由・津屋崎橋行)利用で約10分、福津市文化会館前下車すぐ ・JR福間駅みやじ口(西口)からタクシーで約10分
参加費 無料
定員 40名〜50名(各回ごとに異なります)
募集期間 2022年7月1日~2023年2月11日
主催者 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会
お問い合わせ 福岡県九州国立博物館・世界遺産室
特記事項 各回(全8回)開催日の7日前までにお申し込みください。
なお、全ての講座は、講演の1ヶ月後に下記のウェブサイトで動画配信します。
関連リンク 令和四年度世界遺産沖ノ島公開講座(外部リンク)
関連ファイル 令和四年度 公開講座チラシ

内容

本年度は、世界遺産登録五周年を記念して「海と人々の関わり」をテーマに公開講座を行います。
古来、人々は大海原に船を出し、未知の土地へと出かけ、異文化の人々と出会い、交流してきました。穏やかかと思えば、一転して荒れ狂い、時に人々を分断し、時に人々をつなぐ海。そうした自然と人との関わりの中で、航海の安全を願う祭祀と信仰は、古代より行われてきました。国内外の航海に関わる祭祀の事例との比較を通して、本資産の価値を考えます。