令和3年度九州大学大学院言語文化研究院主催 公開講座「ゆらぐ人間像―近現代における思想と芸術のダイナミズム」
終了

オンライン学習

教育

国際交流・多文化

リカレント教育(学び直し)

公開講座

開催日時 2021年11月20日 14時00分 ~ 12月18日 16時00分
開催場所 オンライン(Zoom)での開催
参加費 6,500円/人
定員 50名
募集期間 2021年9月1日~2021年11月10日
主催者 九州大学大学院言語文化研究院
お問い合わせ 九州大学人文社会科学系事務部総務課庶務第二係(e-mail: jbssyomu2@jimu.kyushu-u.ac.jp)
特記事項 【開催日】
令和3年11月20日(土)~令和3年12月18日(土)
期間中毎週土曜 14:00~16:00(全5回)

【申込方法】
下記URLまたはQRコードからお申込み下さい。
https://forms.office.com/r/WbKBcP91sn
お申込みいただいた連絡先に受講料の振込先、参加URL等をお知らせいたします。

【申込期間】
令和3年9月1日(水)~令和3年11月10日(水)

※通信費用は受講者負担となりますので予めご了承ください。
※個人情報は公開講座の運営及び公開講座に関する情報の送付以外の目的には使用いたしません。
関連リンク 2021年度九州大学公開講座(言語文化研究院主催)「ゆらぐ人間像―近現代における思想と芸術のダイナミズム」(オンライン)(外部リンク)

内容

19世紀から20世紀にかけて、世界は近代から現代へと大きく変貌しました。
その過程で世界観や人間像は激しく動揺し、そこで生まれた問題の多くは未解決のままです。
それゆえ、当時の思想や文化を振り返ることは、私たちがいま生きている日本の現代、つまり「いま・ここ」をも考える契機となるはずです。
この講座では、西欧を中心に19-20世紀に人間の身体・生命・精神等のあり方に生じた変化と芸術・文学との間に生じたダイナミックな相互作用の諸相に光を当てることで、当時の文化を新たな視角からとらえなおし、「いま・ここ」を生きる私たちの「これから」を展望します。

【第1回】「合理性からこぼれおちるものたちについて」
11月20日(土)14:00~16:00
講師:福元 圭太(九州大学大学院言語文化研究院 教授)

【第2回】「英国と叙事詩人ホメーロス」
11月27日(土)14:00~16:00
講師:浜本 裕美(九州大学大学院言語文化研究院 准教授)

【第3回】「共有される身体、つくりかえられる身体」
12月4日(土)14:00~16:00
講師:佐藤 正則(九州大学大学院言語文化研究院 教授)

【第4回】「出来事は誰が語りうるかー原爆文学を巡る問題」
12月11日(土)14:00~16:00
講師:永川 とも子(九州大学大学院言語文化研究院 助教)

【第5回】「≪関係性≫からみる文学」
12月18日(土)14:00~16:00
講師:佐藤 典子(九州大学大学院言語文化研究院 准教授)