【福岡女子大学美術館】2022年度春の企画展「十五代 亀井味楽展」
NEW!

福岡

文化・芸術・スポーツ

開催日時 2022年6月6日 09時00分 ~ 7月29日 17時00分
開催場所 福岡女子大学 図書館棟1階(福岡市東区香住ケ丘1-1-1)
参加費 無料
主催者 福岡女子大学美術館
お問い合わせ 福岡女子大学美術館(電話番号:092-692-3202)
特記事項 休館日:日曜日・祝日
関連リンク 福岡女子大学ホームページ(外部リンク)
関連ファイル チラシ

内容

この作品展では、現当主の十五代 亀井味楽氏(本学客員教授)、先代の十四代、先々代の十三代 亀井味楽氏、そして十六代嗣 亀井久彰氏の作品を紹介しております。
伝統を守りながら革新的表現に挑み続ける400余年の歴史を基盤に、温故知新を大切にする黒田藩の御用窯として繁栄した茶陶「高取焼」は福岡市内(早良区)に窯を構えています。
技術・歴史など江戸時代から続く「高取焼」をご鑑賞ください。

また、会期中に下記に示しますように、味楽窯のお茶碗でお茶をいただける「お茶会」を開催いたします。
お時間がございましたら是非お越しください。

「お茶会」
日時:7月1日(金曜日)10時~15時
場所:図書館棟1階「Cafe Nanの木」前テラス
参加費:無料
事前申込:不要
※お時間内にお越しいただきましたら、受付にて「お茶券」をお渡しいたします。無くなり次第終了させていただきます。その際は、何卒ご容赦ください。

当日は、亀井味楽先生もいらっしゃる予定となっております。
皆様のお越しをお待ちしています。

【十五代 亀井味楽(かめいみらく)氏 プロフィール】
昭和35年 :十四代亀井味楽の長男として生まれる(本名:亀井正久)
昭和56年:京都市立嵯峨美術短期大学デザイン学部陶芸学科卒業
平成3年:米国センチュリー大学芸術博士号取得
平成13年:十五代亀井味楽襲名
平成18年:福岡市技能優秀者表彰
平成27年:福岡県技能優秀者表彰
平成28年:米国ボストンにて個展

MIT及びハーバード大学において講演及び実演
現在 日本工芸会正会員、日本陶磁器協会博多支部理事、福岡市立福翔高等学校陶芸非常勤講師、各カルチャースクール講師
福岡女子大学客員教授