【履修証明プログラムについて】
 平成19年の学校教育法の改正により、大学等における「履修証明制度」が創設されました。この制度は、社会人等の学生以外の方を対象とした一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、その修了者に対して法に基づく履修証明書(Certificate)を交付するものです。

[1]地域企業技術者育成プログラム
[2]地域を志向した小水力発電技術者育成プログラム
[3]PLC(プログラマブルコントローラ)による生産システム設計教育プログラム
[4]精密万能試験機オートグラフによる材料解析教育プログラム
[5]3次元CAD技術者育成プログラム

◎出願資格:高等学校以上卒業の方で、企業での実務経験を有する方
◎選考方法:教授会の書類選考(科目等履修願い及び履歴書)のうえ、学長が入学を許可します。
◎履修料:選考料 1万円、入学金 5万円、履修料1単位につき 1万円

 詳細は、本学ホームページでご確認ください。