65歳以上の高齢者が約半数を占める人口2000人の小さな町、徳島県上勝町。
 過疎化の進んだこの町に住むおばあちゃん達とともに、料理に添える花や葉っぱな
どの「つまもの」事業を展開し、いまでは若者やターン族も集まる町に再生した「葉っ
ぱビジネス」。成功に至るまでの経緯はもちろん、横石氏の熱い想い、今後のCBの
展望について語ります。
 
 〈講演〉
    「葉っぱビジネスから見えてくるCBの仕組みと発展性」 

 〈講師〉 株式会社いろどり 代表取締役社長 横石 知二 氏
    http://www.irodori.co.jp/
   
 《講師プロフィール》
 □経歴
  1958年生まれ。1979年徳島県農業大学校卒業後、営農指導員として上勝町
  農業協働組合に入社。1986年はっぱビジネス「彩」を開発し、 1991年特産品
  開発室長に就任。山の資源を生かした商品開発で全国的な注目を浴びる。
  1996年に上勝町に転籍。産業情報センターと株式会社いろどりの責任者として
  「彩」をはじめ、特産品の企画販売を行う。また、高齢者が使える情報ネットワー
  クシステムを開発。2007年「News Week(日本版)」世界を変える社会起業
  家100人に選出される。2009年、代表取締役社長に就任。

 □主な受賞暦
  2002年 アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー日本大会特別賞受賞。
  地域活性化貢献特別賞受賞。2003年日本ソフト化大賞受賞