今しかできない道を進めばいい-父からの助言を胸に音楽と宝飾の道を進んでい
た伊藤麻美女史は、父親の死後、業績が急激に悪化し巨額の負債を抱えた「日本
電鍍工業」を、若干32歳、ビジネス経験ゼロの状態で引き継ぐことになります。
製造業を取り巻く厳しい環境下で、倒産の危機を乗り越え3年で黒字化を果たした
講師が、再建に至ったプロセスや100年企業を目指す今後の取組みなどについて
語ってくださいます。

  講師:日本電鍍工業株式会社 代表取締役 伊藤 麻美(MAMI ITO)氏