福祉用具専門相談員は、介護福祉・医療について幅広い専門知識をもち、一人ひと
りに合わせた最適な福祉用具の選び方・使い方や使う人の身体機能に応じた改修につ
いてアドバイスできる専門的な資格です。介護保険制度のもと福祉用具貸与が保険給
付の対象となっており、福祉用具貸与事業所の人員基準に福祉用具専門相談員の配
置が義務付けられている重要な資格でもあります。
 また、高齢者の健康状態や心理の理解、福祉用具について知識を深めることができ
るので、近年は高齢者と接する機会の多い方がスキルアップ講習として受講するケー
スが増えています。
どなたでも受講でき、資格取得後は全国で通用する資格です。

  講義及び実習形式。(試験はありません。)
   ① 老人保健福祉に関する基礎知識
   ② 介護と福祉用具に関する知識
   ③ 関連領域に関する基礎知識
   ④ 福祉用具の活用に関する実習   計40時間 (5日間)