このたび、直近まで国際ソーシャルワーカー連盟会長でありましたデイビッド・ジョー
ンズ(David N Jones)先生による特別記念講演会を福岡県立大学にて開催する
ことになりました。
デイビッド先生はオクスフォード大学を卒業後、大学院でソーシャルワークの資格を
取得、長年、全英児童虐待防止協会のソーシャルワーカーとして活動されてきました。
これは1889年に遡る民間団体で英国における児童虐待への対応を担ってきた団
体として広く知られています。
現在、ロンドン大学客員教授、種々の団体の要職にあり、ソーシャルワーク、児童
福祉サービスとスキル、政策立案、国際ソーシャルワーク、国際児童福祉政策等幅
広く活躍され、国際的なオーガナイザーとして知られています。
今回、デイビッド先生は7月15日から18日の日程で東京にて開催されますアジア・
太平洋ソーシャルワーク会議に出席のため来日します。これを機会に、日本ソーシャ
ルワーカー協会国際委員長岩崎浩三先生のご支援により、今回の講演が実現する
ことになりました。
本講演会には、幅広くご関心のある研究者や関係者の方にご参加いただければと
存じます。

講 師:デイビッド・ジョーンズ先生
     (前国際ソーシャルワーカー連盟会長/ロンドン大学客員教授)

通訳/解説:稲葉美由紀 准教授
       (九州大学大学院言語文化研究院/大学院人間環境学府)