九州大学東アジア環境研究機構と鳥取大学乾燥地研究センターが2012年2月 28日に学術交流協定を締結することを記念して,合同イベント『乾いた大地 砂漠~
黄砂のふるさと~』を開催いたします。
世界の乾燥地は,地球表面の40%以上を占め,そこには世界人口の3分の1に
あたる20億人近くが暮らしています。乾燥地の人と自然について,その成り立ちや
不思議を知ってもらい,なぜ乾燥地のような厳しい環境の中で人や自然の営みが
成り立っているのかを解説します。
 また,砂漠化の防止や乾燥地での生活改善についての研究成果を紹介し,私た
ちがどのように砂漠とつながっているのか,そしてこれからどう付き合っていくのか
を考えます。
とくに今回は「黄砂のふるさと」に焦点を当て,黄砂発生源周辺のありさまと黄砂
研究の最前線を紹介します。

《特別講演》
 第1回 砂漠化防止にとりくむ
  2012年2月28日(火) 17:30~19:00
  ・山中典和(鳥取大学教授) 「乾燥地の砂漠化と緑化」
  ・辻本 壽(鳥取大学教授) 「野生の力で次世代作物を作り出す」
  ・多田内 修(九州大学教授) 「乾燥地の緑化をささえる訪花性昆虫類」

 第2回 黄砂のふるさと
  2012年2月29日(水) 17:30~19:00
  ・篠田 雅人(鳥取大学教授) 「黄砂のふるさとを旅する」
  ・鹿島 薫(九州大学准教授) 「さまよえる湖と変わりゆく砂漠」
  ・佐藤 廉也(九州大学准教授) 「史上最大の植林プロジェクトと黄土高原農村
のゆくえ」

     ※展示体験コーナーあり(無料)