九州大学では、自律的な地域経営を担う企画立案能力の高い人材を育成すると
ともに、地域における諸問題の解決に貢献するため、当面する課題に対して実践的
な政策を立案し、大胆に発信することを目指して、産学官連携による地域政策デザ
イナー養成講座を開設しています。
 本年講座の集大成である政策提言の発表を以下のとおり実施いたします。
 一般の方も参加が可能ですので、ぜひ、多くの皆さまに参加していただき、九州の
今後のあり方について考え、取り組みを共有していただければと考えております。
 終了後の懇親会も参加無料です。

□プログラム(概要)
  13:00~14:30 講演「防災と危機管理のあり方」
          (石井祐司 元航空自衛隊空将補)

  14:40~17:00 政策提言発表および講評とディスカッション
  テーマ「震災後の日本の進路と九州の今後のあり方」
      ① 災害に強い九州を実現する「九州継続計画」の策定
      ② 九州における新たなエネルギーシステムの実現
      ③ 九州において儲かる農業の仕組みづくり
      ④ 九州における水源地域の森林・農山村を守る
      ⑤ 県域を越えたモデレートな「九州府」に向けて   

  17:00~18:00 修了式
          講話(ロバート・ファン博士)

  18:00~19:30 懇親会(立食形式)