九州大学大学院芸術工学府の大学院生グループが,玄界灘に浮かぶ大島(福岡
県宗像市)を舞台に,島に古くから伝わる天の川伝説をモチーフに描いたオリジナル
ストーリーの映画「島の空はまだ青く」を制作。作品の上映と,あわせて島の小中学
生が企画した大島PRのCM,写真展示イベントを行います。大島という離島が持つ
魅力を多くの人に感じていただける体感イベントです。
このプロジェクトは,九州大学の「チャレンジ&クリエイションプロジェクト(C&C) 2011研究」および「宗像市元気な島作り事業」の助成を受けて実現しました。大島
小中学校を中心に大島に住む方々とも関わり合い,巻き込みながら進めてきた映画
制作プロジェクトで,企画・制作から交渉,発表にいたるまで全て学生で行っています。