この3月に発生した東日本大震災では、被災地でのNPO・ボランティアの活躍が
大きく注目されています。
このような災害時に限らず、日本各地で、環境・福祉・まちづくり・子供の健全育成
等、さまざまな取り組みが行われていますが、専門知識を有する人材の不足によ
り活動の幅が広がらない等の課題があります。
そのような中、職業で得たノウハウや人脈を地域や社会の課題解決のために活
かす新しいボランティア“プロボノ”の取り組みが始まっています。
  これらの活動は自己啓発・自己成長の場にもなるため、若年層の人材育成や退
職後の新たな人生設計にもつながっています。
福岡県では、今年度から新たに、特定非営利活動法ふくおかNPOセンターと協
働で、 「NPO活動基盤強化のための人材活用事業」に取り組みます。
これは、企業の社員、高齢者、学生、自治体職員など、専門知識を有する幅広い
立場の方々を募集・登録し、人的・技術的支援を求めるNPO等とマッチングするも
のです。
募集に先立ち、こうした人材をNPO・ボランティアに橋渡ししている2団体のお話
に触れ、新しい可能性から、ここ福岡で、“自分サイズ”で出来るボランティア活動
のあり方を共に考えます。

   〈プログラム〉
   1.2つの取り組みのご紹介
     ・特定非営利活動法人 サービスグラント (東京)
        代表理事 嵯峨 生馬 さん
   ・社会福祉法人 大阪ボランティア協会 (大阪)
         事務局次長 永井 美佳 さん
2.質疑応答
3.福岡での取り組みのPR