□ のむら-もとに 【野村望東尼】(1806-1867年) 〔※「ぼうとうに」とも〕
   江戸末期の女流歌人。本名、もと。福岡藩士野村貞貫の後妻。
   夫の没後出家して望東尼と称す。和歌を二川相近に学び、平安文学をこよなく
   愛した。高杉晋作・平野國臣らと親交があったため、藩に捕らえられ、姫島に流
   された。歌集に「向陵集」があり、「上京日記」「姫島日記」「夢かぞへ」などの歌
   文集もある。

  〈講師〉 小河 扶希子(おがわ すまこ)氏 (福岡藩幕末史研究家)