一般の方々が、科学者と、お茶やコーヒーを飲みながら、気軽に科学について語り
合うことで、コミュニケーションをとる試みです。
 1998年前後にイギリス、フランスではじまり、その後ヨーロッパを中心にアメリカ、
カナダ、インド、オーストラリアなど世界各地に拡がり、日本では2004年に京都で始
められたのが最初といわれています。
 講演会やセミナーなどとは異なり、一般の方々の輪の中に科学者が加わり、科学の
話題を提供しながら、参加者みんなで考えることをとおして、科学への関心と理解を
深めようというものです。科学を身近に楽しめるイベントとして注目されています。
 とかく、コンテンツ中心で知識を伝えるテレビ科学番組が多い中で、直接、科学者
と語り合うことで、科学者(サイエンティスト)の考え方に触れられる良い機会となる
ことを期待しています。

   □テ ー マ :『電子レンジでグリーンイノベーション』
   □ゲ ス ト :大内 将吉(おおうち しょうきち)氏
           (九州工業大学 情報工学研究院 生命情報工学研究系 准教授)