日本教育行政学会第46回大会公開シンポジウム企画として、登壇者四名をお招きし、
「中教審答申(平成18年7月)後の教員養成・研修改革の展望」をテーマに開催いた
します。
 本講演はどなたでもご参加いただけますので、興味・関心のある方の多数のご参加を
お待ちいたしております。

〈シンポジウム・プログラム〉
  1.中央教育審議会における論議の方向―教員免許・養成・研修―
     安彦 忠彦(中央教育審議会教員養成部会長・早稲田大学教授)
2.大学と教育委員会・地域との連携による養成・研修行政の方策
篠原 清昭(岐阜大学教授)
3.スクールリーダーに期待される学校マネジメント―民間校長の経験をふまえて―
藤原 和博(大阪府知事特別顧問・前杉並区立和田中学校校長)
4.「新しいふくおかの教育計画」の推進と教育力向上
久池井 良人(福岡市教育委員会理事)

[コーディネーター]八尾坂 修(九州大学)