国連ハビタット福岡本部と(財)福岡県国際交流センターによる合同レクチャーシリ
ーズ「ハビタットひろば」、第4回目のレクチャーは「語り継ごう!防災教育」がテーマ
です。
 2011年3月11日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)をきっかけ
に、4月1日に「今私たちが福岡で出来ること」、8月1日に「世界の自然災害を語る」
と自然災害復興と防災について取り上げてきました。
 本レクチャーでは、事例を交えて防災教育の在り方を考えていく機会とします。私
たちの「まち」を災害に強い「まち」にするには、どうしたらいいのか。何を残せばいい
のか、一緒に考えてみましょう。

□ 話し手:髙梨 成子 さん

〈プロフィール〉
 株式会社防災&情報研究所代表。専門分野は防災社会学。昭和50年代から災害
 発生時の 実態調査や、国・地方自治体の防災対策策定等に携わる。近年は地方
 自治体職員、企業、住民、ボランティア向けの防災研修・図上演習等を手掛ける。

 □ 聞き手:後藤 心平 さん

〈プロフィール〉
 cross fm(福岡)BBIQモーニングビジネススクール パーソナリティ。現在東北大
 学大学院情報科学研究科博士課程在籍中、仙台市において東日本大震災に遭遇。
 震災後は災害現場を多く取材し、宮城県のFMラジオ局Date fmで震災報道に携
 わる。

  ※ 緊急の海外出張等により、講師及びテーマが変更になる場合があります。